--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-31

Thomasの呟き『今年も終わり…』

お疲れ様です!Thomasです♪

気が付けばもう12/31…。
皆様は、今年一年いかがでしたか?
何となく僕の机です(笑)

我々BALYSTAにとっては、まさに激動の一年でした。

※今回はかなり長文、真面目な内容となっていますので、ご注意下さい。


そういえば、今年の初めにドラムのTerryと話してました。
「今年は大変な一年になりそうやなぁ…。」
って…。


まさにその通りになってしまいました。

ざっとバンドのスケジュールを振り返ってみると…、


1/11 京都 SilverWings 対バン出演!
2/1 京都市東部文化会館『山科夢舞台』出演!
2/27 京都 和音堂『月歌コラボライブVol.5~神秘な世界へようこそ~』出演!
3/22 大阪住道 DIC21『カーロパパLive』対バン出演!
3/27 京都 都雅都雅『FUNK BLUES NIGHT』出演!
3/28 東京高円寺 UFO CLUB『そこまでやってえ?宴会』出演!
(4/18 『BALYSTAの楽屋裏BLOG』開設)
4/29 京都 SilverWings『G.W.3部作第1弾!』
5/3 高槻ジャズストリート『G.W.3部作第2弾!』
5/6 京都 和音堂『G.W.3部作第3弾!』

~CD作成開始~
(6/4 fmGIG ラジオ出演!)
9/20,21,23,26,27 CDレコーディング本番!
11/15 CDマスタリング
以降CDプレスへ…。

12/6 大阪 fanj-twice『GET THE FEVER Vol.3』出演!
~BALYSTA 1st Mini Album『Fun-ka Island』完成!~
12/27 京都 SilverWings 『BALYSTAレコ発ワンマンライヴ』!


レコーディング期間を抜くと、ほぼ月2回のペースでライヴをやってたんですね。
お?ぼちぼちかな?とも思えるんですが…。


お気づきの方も多いかと思いますが…、
実はサックスとベースを担当していた二人がバンドを脱退しています。


サックスは3月頃…彼は最初ウチのホームページ作りをしてくれていたので、
ホームページの更新が出来なくなってしまいました。
僕がホームページを比較的手軽なBLOGに移行させたのには、
実はそういう経緯があったりします。


ベースは7月…レコーディングの時期に脱退しています。

レコーディングに関しては、我等がプロデューサー堀尾 哲二さんのご紹介で、
氏のバンドである『FRIDGE』をはじめ、色んなバンドでご活躍中の
有福 珍さんにお願いする事になりました。
そして12月のLIVEに関しては、メタボン、ザッキーの知人である
井川 英志さんにお願いしました。
お二人とも、短い期間で本当にたくさんの曲をサポートして下さった、
素晴らしいミュージシャンです。


バンド経験のある方ならお分かりになると思いますが、
他の楽器も勿論ですが、ベースが抜けると、
バンドは大変な負担を背負う事になります。


その負担の中、
みんなで何とかしてCDを仕上げて、
イベントに参加して、
レコ発まで頑張って…、
それぞれの力を出し合って…、

僕、Thomasも勿論頑張りましたが…、
弱音を吐いたり、肝心な時に限って病気にかかったり、
バンドの、メンバーの力になれなかったり、
イライラして、メンバーと喧嘩をした事もありました。


でも、今、僕達は無事CDをつくり上げ、イベントにも参加して、
夢にまで見たレコ発ワンマンライヴを実現する事が出来ました。


一人では決して出来なかった事…。
メンバーみんながいてくれたから出来た事…。
BALYSTAだから出来た事…。
それにBALYSTAをそれぞれの形で支えてくれた
堀尾さん、有福さん、井川さん、
共演者、レコーディングスタジオ、ライヴハウス、スタッフの皆さん、
僕たち海賊団員それぞれの家族、友達の皆さん、

そして…、
僕達のライヴを楽しみにしてくださって、
僕達の船に乗船してくださったお客様の皆さんがいたから…。


今の僕達がいます


本当に、本当に…こんな短い言葉では言い表せないけど…、

皆様!今年一年、本当にありがとうございました!
BALYSTAはこれからも"Fun-ka Island"を目指して旅を続けます!
来年もまた、音の大海原の上でお会いしましょう!



長文、ご熟読ありがとうございました!

それでは、良いお年を…Thomasでした♪
年越しSO☆VA

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。