FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-02

Thomasの呟き『FUNK初体験…!』

あー。
“冬が待ち遠しい”などと抜かしておりましたが、
寒いもんは寒いんじゃー!

Thomasです♪

でも、そんな寒さを吹っ飛ばしてくれた出来事が…!

これだー!

京都北山にあるライヴハウス、“MOJO WEST”にポール・ジャクソンが来たー!


実は…、


今回の題名にもあるように、僕が初めてFUNKに触れたアルバムがありまして…。

『HEAD HUNTERS』 -HERBIE HANCOCK-
『HEAD HUNTERS』 -HERBIE HANCOCK-

大学時代に友人から勧められ、音楽学校時代にFUNKを学んだ時に
ひたすら聴き、僕にFUNKを教えてくれた“聖書”と言ってもいいCDです。

そして、このCDに参加していたベーシストがポール・ジャクソン!
いわゆる僕にとっての“FUNKの神様”…!

そんな神様を間近で見てきたわけですよ!


…え、感想ですか?
もう笑うしかない!そして拝むしかない!!

正直、僕が何を言っても全てが安っぽく聞こえてしまいます…。
BLOGに記事をあげる事もためらってしまうほどです。
他のメンバーも、Saxの内藤大輔さんや我らが堀尾さん、本当に尊敬する素晴らしい方ばかり!


なのに!


ええ、BASSガン見でしたよ!
子どもの様にはしゃいでましたよ!
永遠にあの空間に居たかったですよ!
LIVEが終わった後もニヤニヤが止まりませんでしたよ!
握手までしてもらって、もう天にも昇る気持ちで…。



共演者のキース・ボーダーズさん(Key)となんて
カタコトの日本語と英語でお話もさせてもらったし…。(以下意訳)
「君のギター聴いてみたいなぁ」
なんて言われて
「滅相も無い!」
って言ったら
「そんな事言わずに、弾きまくりなよ!」
…。
もうまじで、泣いてもいいですか?
間違いなく、最高の一夜でした(T_T)


氏と僕を引き合わせ、至高の時間をプレゼントして下さった堀尾プロデューサーには
感謝の言葉もございません(T_T)
(因みに"Holly!"って呼ばれてはりました)


………


その後、終電が無かったので何処かで朝まで時間を潰そうと思い、
気持ちを抑える為に、マクドでBALYSTAの計画資料を整理していたんですが、

始発電車に乗っても思い出しニヤケが止まらず、何とかせねばと
なるべく関係ないジャンルのMDを聴き始めたのですが、
それがジェフ・ベックだったのがまずかった!(僕はアホか)

結局帰宅までニヤケっぱなしでした(_ _;


あーもう全然書き足りへん(T_T)!
とにかく“百聞は一見に如かず”
邦楽好きの方も、洋楽好きの方も、ジャンルも楽器経験の有無も関係ねぇ!
必見!以上!!

Thomasでした♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ほんまや!

でも、うちらも負けてられへん!

勝てるわけ無いけど、負けてられへん(笑)!

うちらが尊敬する音、共演者の方やお気に入りのミュージシャン…。

BALYSTAから音楽の輪が無限に広がっていったら最高やなv-411

そんなプレイヤー、バンドになりたいなぁ…v-398

そやなー

その時、俺も居たんやけど人間、自分の想像を遥かに超えた音を出された時、何回か経験は在るのですが、頭の一音だけで確実にラーメン食べてたら鼻から麺が出てましたよ!
いきなり・・・
ブッ!・・・
って



強烈やったなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。