--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-11

テリー危機一髪 上巻

いやはや・・・ずいぶんご無沙汰してしまいました。
テリーです。風邪も治ってやっと自分を取り戻せましたよー

長らくご無沙汰して何故今ここに居るかの言うと・・・


今日・・・




今から書き綴る事は嘘偽りの無い事実だと言う事は先に誓っておきます。
昼下がりの14時過ぎ、俺は兵庫県宝塚市のある街に居ました。
そこは山を再開発した。高級住宅地が建ち並ぶ地域で、もの凄い傾斜の中に建っている豪邸でした。



そんな所に俺を含めた三人が居ました。



そんな三人が何をしにそんな所へ?

その任務は・・・



約総重量6トンの荷物をトラックから家の中に運び込んでくれ、と言う内容。



その荷物はちょっとずつ運ぶ事も可能なのだが!


その家の門から家の玄関までは凄まじいほどの登りの傾斜角度と曲がりくねった道で、三人の結論は・・・(こんな所、手で運んでたら話にならん!登れるとこまでトラックを登らせてみよう!)
となったんだが、
その場にいたある人に聞くと、(昨日クレーン車がその道で登り切れずに崖から落ち掛けてその家の石垣を、崩壊させ崖の寸前で止まった) と言う話しを聞いた。

その昨日の話は警察沙汰にもなり訴訟問題にもなっているらしい・・・
そんなこんなで、三人とトラックの運転手は、かなりビビった!



見ると確かに石垣が崩壊して、明らかに不自然な角度になっている木が有った。

俺らは運転手に (バックでゆっくり登って行ってちょっとでもヤバいと感じたらもうそこで止まってくれ!絶対に無理はせんといてくれ!)
と言ってトラックを登らせてみた!


トラック自体は明らかに積載重量は超えていた!
そんな状態でここが登れるのか?










登りだしたトラックは崖の中腹ぐらいまできた所で止まった、
正にクレーン車が崖から落ち掛けたそのポイントだった。
運転手もこれ以上はもう無理です。
ここからは危険です。
と言い
ここからは俺ら三人で手で運ぶしかない!
という結論になった!


それからだった・・・・















あまりにも長いので今日はこのあたりで続きは・・・
お楽しみに

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

え~!ドラマでCMを挟むタイプの引っ張り方や~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。