FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-13

テリー危機一髪!中巻

はい!

長いCM終わりました。
お話の続きです。

ちなみに(テリー危機一髪!上巻)をまだ読んで無い方は、必ず先に読んで下さい。










では
崖の中腹辺りから荷物を手で豪邸の中まで運ぶ事になった三人は、かなり気持ちは滅入っていた。
トラックから建物までは約20mも有る凄まじい傾斜の坂を登り、その坂を登り切った所から、さらに急勾配の階段を10段ほど登らなくてはいけなかった。
ただ何も持たずに登っただけでもかなりしんどかったので、重量物を持つとどうなるかは簡単に想像できた。



でも、重量を軽くしてちょっとずつ運んで終わるような、荷物の量では無かった。

時間もその時もう16時を過ぎていた・・・



よし!
取りあえず、上げてみよう!





半分ヤケクソになりながら、俺らは色々と試しながら一番楽で、早い方法をやりながら探して行った。




やっぱり建物までの道のりを三人で荷物をリレーして繋げて行く事になり重量は60キロ弱で行く事になった。

それでも、かなりしんどかった。
二月やのに汗もかきまくって、そうとうな薄着になっていた。




アーーー
キツい・・・







なんて言いながら、なんとかトラックの半分をようやく下ろし終えた。

三人とも、かなり疲れていた。
一人が、
「トラックの重量も半分になったし今やったらトラックが坂ぐらいは登り切れるんちゃうか」と言い出した。
俺もそう思ってたので、やってみる事になった。



結果は・・・











建物までちょっと遠くなった・・・




軽くなった分タイヤが空回りして前よりも遠くなってもうた!



クソー!

三人はもう手で運ぶしか無い!

必死に運んで行った。




17時30分



トラックからようやく荷物が降りた。



「アー疲れたー、運転手さんおおきにな」
と安堵の表情を浮かべる四人が居た。

みんな無事荷物が降ろせてホッとした空気が漂い、運転手が帰り支度を始めようとトラックに近寄って四カ所止めていたタイヤの車輪止めのうちの一つを外した、その時だった・・・







ん!








俺は一瞬




トラックが動いた様に見えた。








ほんまに・・・


目をこすった




誰も乗って居ないトラックが崖に向かって動いていた。






!!!












ごめんなさい。眠くなってきたので今日はここまで



あ、14日のライブもよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

早く続きを…(_´Д`)ノ~~

すいません…(笑)

Tommyさんのコメントが…(笑)

僕の笑いのツボに…(笑)


…と、とにかく!
まじでありがとうございました!


…。

>早く続きを…(_´Д`)ノ~~


(笑)
Tommyさん最高!

Terryがんばれ~v-391

ワァオ!
Tommyさん 今日ありがとうございました。
来てくれたおかげでメッチャ心強かったですよー
今日はオイラ神戸に来ておるので、
続きは・・・
帰ってから

ちなみに、あんま期待し過ぎないでくださーい

Tommyのおねがひ

早く続きを…(_´Д`)ノ~~


ライブ楽しかったでっす!!
めちゃくちゃBALYSTAファンでっす!!


だから…


早く続きを(_´Д`)ノ~~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。